簡単スタートアップ

SSLを使った独自ドメインウェブの設定

SSL(暗号化通信)を使ったウェブサイトにするには、下記が必要です。
  • ドメイン
  • 独自IPアドレス
  • SSL証明書
    他社で発行されたSSL証明書をご自由に持ち込み、ご利用いただけます。
    ※グローバルサインのSSL証明書の発行を推奨しております。詳細の確認、お申込みはこちらです。

1 まず、独自IPアドレスとドメインウェブの設定を行ってください。

2 コントロールパネルの左メニュー
① 「ドメインの利用」→「独自IPアドレスでのSSL設定」をクリックし、独自IPを使ったSSLの設定、証明書の発行・設定画面を開きます。
② IPアドレスを設定したいドメインをプルダウンより選択します。
③ 「設定」ボタンを押します。

3 「戻るにはここをクリックしてください」をクリックします。

4 「証明書設定」をクリックしてください。

5 SSLプライベートキー・CSR生成の入力欄に全ての情報を入力し、「プライベートキー・CSR生成」を押してください。 プライベートキーのパスワードは証明書インストール時に必要です。必ず記録しておいてください。

6 SSL証明書をお持ちの方は、再度コントロールパネルの左メニューの「独自IPアドレスでのSSL設定」→「証明書設定」をクリックしてください。
SSL証明書をお持ちでない方は、SSL証明書をご購入の際にCSRが必要となりますのでコピーしてご利用ください(「選択」をクリックするとコピーできます)。

※グローバルサインのSSL証明書の発行を推奨しております。詳細の確認、お申込みはこちらからお願いします。

7 プライベートキーは入力されておりますので、

  • プライベートキーのパスワード
  • SSL証明書(SSLCertificateFile )
  • SSL中間証明書(SSLCACertificateFile)

を入力して、「CERT・証明書インストール」ボタンを押してください。

8 「戻るにはここをクリックしてください」をクリックします。

9 ドメインの横に(有効)と表示されていたら、「アクセス」をクリックしてください。
※SSL設定の反映まで1時間程度かかります。

10 「https」で接続して、セキュリティの警告が表示されなければ成功です(SSL接続の場合、鍵マークが表示されます)。

  • まるっとプラン ドメイン&サーバーがセットでお得
  • VALUE-DOMAIN.COM